三重工場紹介

三重工場紹介.JPG

きもと三重工場は、いなべ市北勢町に1979年に立地し、10万6千平方メートルの敷地に194名(2017年10月現在)が働いています。

独自の開発技術と加工技術を活かしてタッチパネル用ハードコートフィルム、液晶バックライト用光拡散フィルム、インクジェット出力用フィルム、DTP用のフィルム刷版用ハードコートフィルム、基盤作成用フィルムなどの電子工業分野の各種の高機能性フィルムを製造しており、当社の主力工場となっています。


工場長のメッセージ

okamoto_02.jpg
三重工場 工場長 岡本 孝志

三重工場は技術力を誇る工場で、高品質な製品を各種ご提供しております。
常に高い技術に挑戦し、困難な壁を乗り越える技術と体力を持ち合わせた技術集団です。
2009年からワークフロー改革に着手し、従業員の皆さんが安心・安全で働き甲斐のある工場を目指しています。
また、地域の皆様に愛される企業を目指し、地域活動にも積極的に参加させていただき、耕作放棄地をお借りしての稲作、昨年から試験的に始めたダリア栽培と技術集団ならではのこだわりを持って取り組んでいます。

TOP